このページは岐阜県臨床工学技士会のページです。

FrontPage

PLUGIN_SIZE_USAGE-【第8期理事監事立候補者選出選挙の告示】

臨床工学技士法の改正による業務範囲の追加について




お知らせ① 東京都臨床工学会からお知らせです。第29回 東京都臨床工学会を開催しますので、紹介します。




お知らせ② 埼玉県臨床工学技士主催では、2022年1月31日~2月14日 第21回人工呼吸器安全対策セミナー オンデマンド配信です。
https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=4301972557916775&EventCode=0135075063




GACET 教育セミナー2021年度

◆血液浄化 セミナー◆

テーマ:『透析患者の下肢を救え!』

2022年1月16日(日)の開催は終了しました。

ご参加いただきありがとうございました。












  • 「在宅医療における医療機器の保守点検・管理の手引き -治療の流れに即して-」の公表がありました。詳しくはこちら
  • 医工連携におけるガイドブックの案内がありました。
    詳しくはこちら

 

新型コロナウイルスの感染拡大に対する医療機器の保守点検・管理等について
詳しくはこちら

人工呼吸器およびECMO装置の取扱台数等に関する緊急調査の結果について

新型コロナウィルス感染症の拡大により、医療従事者への感染が深刻な状況になってきています。病院の機能を維持するためには、医療従事者の確保が急務になってきております。そのため、不足が予想される医療人従事者(医師・看護師・臨床検査技師・臨床工学技士等)を確保できるように既に医療現場で従事している医療従事者の離職防止、地域の潜在有資格者の掘り起こし、医療現場の人材配置の転換を行うことで、感染拡大時の医療供給体制の維持を図ることが求められています。厚生労働省より都道府県(行政)に対し、各医療機関で必要となる医療人材の情報の提供と医療人材の配置調整の考え方が提示されました。都道府県がコロナウィルス感染症患者の増加に伴い、医療供給体制が逼迫した際に、不要不急の診断を延期した場合に、各医療機関がコロナウィルス感染症、及び不要不急でない一般診療それぞれに、どの程度医療従事者を派遣できるかを調査しております。当会にも都道府県技士会と連携して医療人材の配置を調整するように依頼が来ておりますので、調査にご協力を頂きます様お願いお致します。

2019年版 透析排水基準 が日本透析医学会より提示されました。

  • 【更新案内】
    • 学会・研究会・セミナー開催案内を更新しました。

岐阜県臨床工学技士会主催セミナー開催予定




学会・研究会・セミナー 開催案内

お知らせ

透析排水装置に関するお願いアンケート結果(岐阜県抜粋)

2017年10月より、入会申込書の登録項目が変更され簡略化しました。古い書式をお持ちの方は、再度入会申込書の請求をして下さい。

  • Y-Boardが運営するメールマガジンへの登録のお願い
    Y-Boardが企画・運営するメールマガジンです。
    (社)日本臨床工学技士会からの情報や、Y-Board活動報告、学術などの情報を月1回配信しています。
    登録には、当会の会員・非会員、また年齢など条件はありません。多くの皆様の登録をお待ちしております。
    現在、岐阜県は登録件数が少ないようです。特に20代・30代の若手の皆さんで技士会を盛り上げて下さい。
    [Y-Boardについて]    [登録]    『若手会員への提起』小冊子

行政

  • 掲載日:平成30年 8月15日
    • 「医療ガスの安全管理について」に関するQ&A---


  • 掲載日:平成22年 8月21日
    • 医療機関等からの医薬品又は医療機器についての副作用、感染症及び不具合報告の実施要領の改訂について---


powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional